産業保健師の採用情報

産業保健師のやりがい

産業保健師のやりがいとは、やはり企業で働く社員のみなさんの健康を支援し、働きやすい環境に改善できる、それに伴う課題をクリアし効果として結果が出る事に非常に魅力を感じると言います。

 

昨今、社会的にも競争社会の時代で、尚且つ成果主義といえる状況といえますので、非常にその環境下で働かれている社員の方には、ストレスが生じやすく精神的な病にもかかりやすい。

 

産業保健師は、保健活動の課題としてメンタルヘルスケアと言うものが非常に重要で、その役目を担う事により、精神的な問題を抱える方を救えることにもなり、社員の働きやすい環境を整える事が企業にとっての経営向上にもつながりますので、それらの役目を担い、企業に貢献できる産業保健師は、非常にやりがいを感じられる職業である事は確かでしょう。

 

ただ、中には、企業における保健活動に積極的でない社員もおり、保健活動の意味を理解されない方もいます。
要するに、保健師によるお節介と言うように取られる場合も少なくありませんが、産業保健師の活動や提案が、すぐに結果や効果を出さなくても、その働きや提案により救われる方もおり、それが小さな効果だとしても、保健師が考える改善策を必要としている方も多いですし、頼られてくる方もやはりこのストレス社会には多いので、問題を見つけ、それを解決できる産業保健師とは、やはりやりがいも大きく、その改善策により結果的に経営向上につながるとなれば、非常にやりがい以上の感動を得る事ができると思います。

 

一人の社員のSOSを認識し、それを改善する。
その事によりその社員が元気に業績を伸ばせた場合、やはり産業保健師として頑張ってきてよかったと思えますし、頑張ってきた甲斐があったと認識も出来ます。産業保健師は、企業のために存在する事も確かですが、企業の中で大きな問題を抱える社員のためにも存在していますので、この両者が、産業保健師の保健活動により向上させる事ができる自体が非常にやりがいのある職業ではないかと思います。

 

産業保健師は、いわば企業と社員のために存在するコンサルタント的な存在ですので、それに伴う役目は非常に課題も大きいからこそ、やりがいも感じ、達成感も非常にあるものだと言えるのです。
単なる社員の健康指導者と言うだけに限らず、社員一人ひとりのよりよい健康サポートをするためのトータルプランをしっかりと保健師自身が作り上げ、その結果企業への貢献となり、尚且つ社員のみなさんの働きやすい環境を作り上げる事のできるこの仕事とは、非常にやりがいのある素晴らしい仕事なのです。

保健師求人サイト人気ランキング