産業保健師の採用情報

産業保健師の仕事内容は?

産業保健師の仕事とは、企業内における健康管理をする事にあり、産業保健活動を行うのが産業保健師の役目となります。
産業保健師は、労働安全衛生法による労働衛生活動及び保健指導に基づいて経済の発展のために企業とそこで働く勤労者を支援する視点を持ち活動する事となります。

 

大まかに産業保健師の役目を分けると、ひとつに従業員の労働と調和における活動をする。
また、健康状態や労働量の勤衡を図り、企業もしくは会社の運営に適切な移動を促す事も行います。
また、労務厚生費の適切な運用であるとか、健康保険組合等の活動も産業保健師の役目となります。
産業保健師とは、このような企業、勤労者の支援を行い尚且つ経営を向上させ、日本の経済も発展させるという視点を持ち活動を行う存在です。

 

この産業保健師の仕事とは、先に紹介する「従業員の労働の調和」でいえば、従業員がどのように働いているか、働く環境は無理が無いか?働く場所の安全性は?等を保健師の視点でモニタリングし、従業員と労働の調和を図ります。
また、企業では定期健康診断を行いますが、その結果、診断に基づき労働における不具合等を産業医と共に考えていく事もあります。

 

例えば、企業内では、転勤や異動等がありますが、産業保健師がこの異動や転勤に際し、その対象となる従業員の方が健康であるか、健康状態を基に人事担当者への産業医勧告と言うような支援も行い、労働基準法に基づき労働に対する時間の管理等への注力をするとか、企業における過重な労働が招くリスク等もきちんと指摘、支援し、企業の透明性を維持することにも産業保健師は貢献しています。

 

産業保健師の仕事は、この他にも労務厚生費の適切な運用等もあげられ、企業の厚生費等における無駄を然りと解消し、効果的に運用できるように提案も行い、企業である組織の状態を健康診断の結果に基づきデータ統計し経営者へ提供します。
産業保健師は、そもそも企業における相談室もしくは保健室に在籍する形となり、それに伴う仕事には、従業員からの健康相談を受ける、人間関係の相談を受ける等しながら従業員一人ひとりの問題、本質を知り、探る事によりその問題を解決する事に結び付けていきます。

 

産業保健師の仕事とは、企業と従業員の状態を把握し、経営向上に努める事であり、主に企業で働く従業員の健康支援をする存在ですが、健康のケアだけでなく、メンタル的なケアも行い、「労働」対「従業員」に何か問題が無いか?と言う事を探り、モニタリングしながら健康における提案、業務における指導していく事となりますので、産業保健師の仕事とは企業の経営向上につなげる事ができる仕事と言えます。

保健師求人サイト人気ランキング