産業保健師の採用情報

新卒の産業保健師の業務内容

保健師の仕事とは、そもそも予防を重点においた健康管理と言う役目を担うその専門職です。ここで示す健康管理とは、その場だけの健康の管理をするというものではなく、長い間にわたり健康でい続けるための一連の管理を示します。
健康を単に維持するというだけでなく、健康を阻害する事となる発病の予防、病気、けが等の悪化を防止等、個人に限らず、保健師の存在する場においての対象となる方すべての健康維持のサポート、支援を行います。

 

企業で活躍する産業保健師は又、個人の健康支援だけでなく保健指導に基づき日本経済の発展のために社員とその企業を支援するという視点により活動しますので、産業保健師の保健業務とは、労働安全衛生法による労働衛生活動であるとか、保健指導に基づき企業とその社員を支援する事であり、その視点から保健活動を行う事となります。

 

その業務には、従業員の労働と調和である社員の働き、環境における健康への影響、安全性等を保健師として常にモニタリングします。
また企業で実施する定期健康診断等の結果を基に産業医と労働における不具合等がないかを考える健康状態と労働量の均衡の業務を行い、会社運営に適切な異動となるよう転勤等の際にも対象の社員がどのような健康状態であるかを基に人事担当者への産業医勧告等の支援も行います。

 

産業保健師の業務内容とは、社員の健康支援を行う事により企業成長につながる事から、企業自体の産業保健師へのニーズも高まっており、その傾向として実際のところ、新卒の保健師よりも経験者と言う方が求められる傾向にあり、尚且つ産業保健師の仕事とは、産業医と共に単独で働く事が多い仕事ですので、その業務における指示もなく、アドバイスされる事もない状況になります。

 

尚且つ産業保健師に課せられる役割とは、勤務する事となる企業もしくは事業所により異なりますので、新卒の保健師を求める場が少ない事が考えられます。しかも産業保健師に求められるのが、企業の特色に合わせた臨機応変な保健活動の構築となりますので、即戦力の備わる保健師を求められます。

 

こうした事から、新卒保健師の採用は、比較的少ないもしくは存在しない場合が多いと考えられますが、保健師としての知識を活かし、産業保健師のようなやりがいのある職に就きたいと言う場合は、就・転職におけるプロであるエージェントが存在し、非公開の保健師求人も多数保有する転職サイトの利用をお勧めします。

保健師求人サイト人気ランキング