産業保健師の採用情報

産業保健師とは

保健所・保健センターで働く方が保健師の全てではありません。中には民間で採用される方も非常に多くいらっしゃいます。

 

その民間採用の保健師の代表的な働き方が産業保健師で、ほとんどの方は委託や請負ではなく企業に直接雇用される形で働きます。産業保健師はその企業次第で待遇も役割も大きく異なるため、一概にどのような感じで働くということはできません。

 

例えば、労働者が仕事でケガを負う可能性がある事業場(工場など)で採用された場合には応急手当てができることが必須条件となるでしょう。学校保健師のように、医務室や保健室というような場所が働き場所となる可能性もあります。

 

保健師免許は現在看護師の資格がなければ取得できないものですが、看護師として働いていたり、もしくはそういった応急手当の仕事を行っているなら転職に有利に働きます。衛生維持が非常に従業員の健康に関わる職場では、従業員の健康だけでなく職場環境にも気を配る必要があるでしょう。

 

一方、デスクワークや営業職が中心の企業で産業保健師として働く場合には他の社員と机を並べることが多いです。保健室のような場所ではなく、普通のオフィスで事務仕事を中心に行うこともあります。

 

健康診断などの業務を行いつつ、その結果を元にした健康指導などを行っていきます。
企業によっては、保健師の方が各事業場を定期的に巡回し健康相談の機会をもうけているところもあります。健康状態が仕事の能率などにも影響を与えることは企業にもよく理解されていますから、企業保健師の方はそこでも広く仕事をすることが求められます。

 

近年産業保健師の方にとって非常に多く求められている役割の1つが、職員の方の精神衛生に気を配ることです。うつ病にかかる社員がいるということは、企業にとっていいことは一つもありません。

 

その原因が会社の管理や勤務体制、パワハラなどにあれば不祥事の種ともなりかねませんし、普段の仕事にも大きな影響を与えます。
うつ病にかかっている社員だけでなく、まわりの社員の仕事にも悪影響を与えるためストレスがうつ病に発展しない段階でケアを行う必要があります。

 

その他、職場の喫煙率を下げるための禁煙指導や食事指導など企業によって社員の健康に関する取り組みは様々です。その取り組みを一緒に考えることもありますが、基本的には経営者の方針にしたがって適切なアドバイスや健康指導を行うのが産業保健師の仕事です。そのため、企業の一社員として会社のやりたいことをよく理解して仕事にあたることが望まれます。

保健師求人サイト人気ランキング