産業保健師の採用情報

産業保健師になるのに資格は必要?

産業保健師は、特別に法律などで定められているものではありません。企業が法律の中で求められている健康管理対策・安全衛生対策としては「産業医」の選任や資格をもった「衛生管理者」の配置などがあります。

 

しかし産業医は基本的に企業が直接雇用するものではなく業務委託、衛生管理者は通常他の業務を行いながら働く社員の中から選ばれるのが普通です。規模の小さな企業では、社長や経営陣が衛生管理者となっていることもよくあります。

 

健康・安全への取り組みを円滑に進めるためには、やはり企業の中で専門家を雇う方がメリットがあります。そのため、企業が独自に雇うのが「産業保健師」の方になります。

 

そのため産業保健師に特別な資格が必要ということはありませんが、やはり即戦力として働いてもらうためには看護師や保健師の資格が必要でしょう。
普通の仕事と違って、上司がゆっくり仕事を教えて覚えてもらうような職種でもないため経験者が望まれることが多いでしょう。
特に、健康指導・健康相談の経験は、産業保健師として必ず役に立つのではないかと思います。

 

企業によっては、一般的な事務の仕事も健康相談と合わせて行ってもらうことを考えていることもあります。そうした企業では、社会人として豊富な経験がある方のほうが重宝することもあります。
健康相談の結果のとりまとめなどもパソコンスキルが求められますから、そういった資格や経験があるとなお有利になるかもしれません。もちろん、衛生管理者といった安全衛生に関する資格も有利に働きます。

 

ただ、やはり産業保健師の方は面接におけるコミュニケーション能力などが重視されることになるでしょう。
若い方から定年近いベテラン社員まで、産業保健師はあらゆる方に健康指導を行っていく必要があります。自分の上司・管理職の方にも失礼がないよういろいろな助言を行っていく必要がありますし、一般的な会社員の感覚も多く求められます。

 

産業保健師は企業・事業場の中で1人ということも多くあります。しかしそれは従業員の健康管理体制の中でチームの一員として働くということで、決して孤独な勤務となることはありません。

 

現場・管理職・本社機関それぞれの橋渡しとしての役割も求められます。また、やりがいとして定期的に社員の方の健康相談などにあたれるためその成果が見やすいということも言われます。健康相談を主な仕事として取り組みたいと考えている方は、産業保健師も非常に魅力的な選択肢となるのではないかと思います。

保健師求人サイト人気ランキング