産業保健師の採用情報

産業保健師の給料はどれくらい?

産業保健師の方は、企業の一社員として働くことになるため企業の業績がそのまま待遇に左右することになります。

 

給料や福利厚生も、完全にその企業の規定に従って支給されることになります。
民間の給与は業界によって大きく違ってくるものですから、仕事内容はもちろん給与や勤務条件を考えても慎重な転職先選びが求められます。地域差も結構大きなもので、やはり東京・大阪など平均給与が高い地域のほうが保健師の方の待遇もよくなります。

 

保健師の方の給与は400万円前後が目安で、新入社員よりも多いことが普通ですが企業の幹部社員ほど多くはもらえないでしょう。
もちろんこれは正社員として入職した場合で、契約社員などの場合にはまた待遇が変わってきます。保健師の方が保健師という職を離れて会社の中でどんどん昇進していくということは考えられませんので、賃金上昇は決して多くありません。

 

毎年定期昇給があるかないかは、待遇としてかなり大きな差となってくるのではないかと思います。ボーナスも業績次第で左右されるところは他の会社員同様ですから、賃金の安定を望むならできるだけ業績が安定しているところを選ぶ方が有利です。

 

もちろん、産業保健師の方も他の社員と同じく健康管理を司る部課(「厚生課」「安全衛生課」)などで働き、役職を得ることもあります。
そうすると、役職手当も得られるので給与が増えることもあるのではないかと思います。その場合、役職が上になるにしたがって仕事内容が変化することも考えられます。健康相談や健康指導から、より事務的な仕事や会社の経営に関する会議への出席へと仕事が変化することもあるでしょう。

 

産業保健師の仕事を探している方は、看護師・保健師向けの転職支援サイトで情報を探していくのがおすすめです。産業保健師の求人は年中出されているものではありませんし、どんな企業でも採用する人数はごくわずかです。そのため、限られたチャンスをしっかり転職サイトを通して生かしていく必要があります。

 

場合によっては、産業保健師として転職するためのいろいろなアドバイスを求めていくのもいいかもしれません。今まで産業保健師として転職してきた方はどのような経歴や資格を得てきたか、これからどんな取り組みをすることが有利になるか聞いていくといいでしょう。

 

経験が求められる産業保健師ですから、若ければ若いほど転職が有利になるとは限りません。時にはあせらず、ゆっくり時間をかけて検討することも必要になると思われます。

保健師求人サイト人気ランキング