産業保健師の採用情報

産業保健師とメンタルヘルス

昨今、景気の低迷と共に、雇用情勢は非常に不安定な状況と言えるものです。
そのため、競争社会と言える状況であり、尚且つすべてが成果主義といえる志向が強いと言えるものです。そうなると、当然そこで働く社員におけるストレスは非常に多く、仕事に対しての不安を抱える方も多くなります。

 

こうした状況を背景に会社の中ではストレスを抱える社員は平均にしておよそ10%程度存在する事となり、精神的に仕事への悩みを抱える、競争が高いことにより不安に思う等、色々な滞在的な悩みを含め社会の中ではストレスや不安を抱える社員が多くなっています。
こうした競争社会、成果主義志向が及ぼす結果として、鬱病になってしまう方も少なくありませんし、最悪のケースを招く事も考えられます。

 

こうした社会状況をもとに今、産業保健活動は非常に重要で、中でもメンタルヘルスが企業の中においても重要な課題となっています。要するに、社会を通じ個々の会社による競争も激しく、その企業内でも成果主義ということで、そこで働く社員にとっては、仕事一つひとつへのプレッシャーも大きく、失敗等を恐れる事も多くなり、精神的に追い詰められるケースが多い。

 

だからこそ、精神的な病にかかりやすい状況といえ、そこで働く社員のために産業保健師と言う存在は重要で、尚且つ産業保健師は、その保健活動として社員のメンタルヘルスをいかに改善させるかが課題になっているのです。
産業医保健師にとって何より重要なのがメンタルヘルスに関するトラブルの原因で、それは、そもそも社員個人にあるものではなく、過度といえる慢性的なストレスが精神的な病を引き起こす事から、その環境を改善する、またその環境を作る事が課せられる産業保健師の役目と言えるのです。

 

産業保健師としての保健活動に今必要な課題であり、各企業に重要な保健活動、支援というのがこのメンタルヘルスケアと言う事なのです。

 

企業においてのメンタルヘルスケアは、その役割を果たす相談窓口となりますが、この場では社員の相談が会社側に知られることなく精神的な悩みを相談できる場を作ることも重要ですし、そうした相談口を設けられる事により精神的な病を未然に防ぐ事も出来ますので、相談しやすい環境作りも重要で、仮に窓口に相談者が来ない場合でも、産業保健師は保健活動の一環であり、課題となるメンタルヘルスケアを行うためにアンケート調査をするとか、ストレスチェック等を推奨し、ストレスがいかに健康へ影響があるか等を自覚してもらう事がそれらの課題においても予防となっていくと言えるのです。

保健師求人サイト人気ランキング