産業保健師の採用情報

産業保健師に関する法律は?

産業保健師に関する法律とは、日本の医療、公衆衛生の資質向上を目的として制定された保健師助産師看護師法により定められています。そもそも、この保健師という名前自体法律により出来ているものであり、保健師の資格についての定めもあります。

 

保健師の資格における定めとは、保健師になるためには、厚生労働大臣の免許を受け保健師の名称を用いて保健指導に従事する役割を担うものとなっています。産業保健師としての道を選択する場合は、保健師に伴う法律を把握する事が重要で、労働者のための法律や労働者の安全や健康の確保に伴う法律は確りと認識しておかなくてはいけません。

 

産業保健師とは、産業保健分野のコーディネーターであり、それに従事する者といえますので、この業に関する法律知識は、保健師をする上で必ず認知すべきものなのです。またそれは、企業従事者のために関わる職業となりますので、企業従事者である労働者の方のために必要となる労働安全衛生法等は産業保健師にとって、労働者を守るためにも把握すべき事だといえるものです。

 

産業保健師に関わる法律には、労働者の環境を保持し、安全と健康を確保する、尚且つ労働災害であるとか、労働者の快適な環境の形成を促進する意味を持つ労働安全衛生法があり、これは産業保健師として働く上で当然認識しなければいけない法律であり、認識すべき法律というよりも、この労働安全衛生法とは、産業保健師としてその役目を果たすためにも大きく関係する法律です。

 

企業で働く保健師である産業保健師の仕事とは、この労働安全衛生法を確りと認識、踏まえたうえで、企業との検討を行い労働者における労働環境や衛生面をどのように推進すべきか検討します。
また、産業保健師に関係する法律には労働基準法や労働者災害補償保健法等も考えられますが、こうした法律は、労働者の労働基準であるとか、労働者における就業時間又は休息等、労働者の権利を定めるものとなりますので、産業保健師として労働者の健康支援をする上で、重要な法律となりますので、当然産業保健師として働く以上、それらの法律に関する認識が必然なのです。

 

産業保健師に関係する法律とは、労働者が企業において安全に尚且つ健康で働く上で必要な法律となり、労働者の働きやすい環境をつくるために必要な法律で、それらは労働者のための法律であり、企業経営の向上にもつながる法律です。
企業では、規模により企業内に衛生管理者の選任が義務付けられており、この衛生管理者が産業保健師となりますので、産業保健師は、衛生管理者としての免許取得も必要となります。

保健師求人サイト人気ランキング