産業保健師の採用情報

産業保健師と英語のスキル

産業保健師とは、産業医もしくは衛生管理者らと共にチームを組んで企業で働き、企業の経営を左右する従業員の健康管理やその増進にあたる、いわば産業保健分野のコーディネーター的な役割を担う存在です。

 

これまでの産業保健師が担ってきた役割とは、労働災害や事故予防ですが、近年、現代人に急増する生活習慣病の予防の重要性や雇用形態の変化の影響といえる自殺者の急増に伴い、健康支援だけでなく、メンタルヘルスへのかかわりも重要で、それらの支援を行う事が今の産業保健師が担う役割となっています。

 

つまり、産業保健師とは、企業における産業保健分野のコーディネーター的な存在といえますが、こうした産業保健師としての高い専門性の重要性だけでなく、現代のビジネスシーンでは、やはりある程度の英語力も必要とされ、企業の一員として働く産業保健師もやはり、一定の英語力を求められる事は確かです。

 

勿論、産業保健師として働く事全てに、英語力が必要と言う事ではなく、昨今のビジネスシーンには、少なからず、英語力が必要となるため、その組織に加わる産業保健師もまた、英語能力がビジネスシーンにより必要となると言う事なのです。
例えば、その必要となるシーンと言えば、外資系の企業があげられ、外資系の企業で産業保健師として働く事により、その場では従業員の健康支援だけでなくメンタルヘルス対策も重要となりますので、意思の疎通は勿論ですが、それ以上に相手の悩みをきちんと読みとる事と、的確なアドバイスを行う必要がありますので、当然英語能力が求められる事となるのです。

 

外資系企業と言うものは、企業の傾向として成果主義が基本です。
つまりそれは、企業内の競争が激しいという事が考えられ、ノルマ等も当然厳しいと考えられますので、従業員のストレスも多くなる精神的な問題を抱える事も考えられます。産業保健師は、こうした環境から従業員を守る役目を担い、それが経営向上にも結果的につながっていきますので、それらの役割をきちんと行えるためにも企業によっては英語能力を求められる事となるのです。

 

産業保健師は、この要に働く場により英語力を必要とされ、最近は、外資系の企業だけでなく一般企業でも海外とのつながりを持っていますので、産業保健師の求人を見ても英語能力を求める求人も増えていますので、産業保健師への転職を検討中と言う場合、英語能力を備えておくことは必要といえるでしょう。

保健師求人サイト人気ランキング