産業保健師の採用情報

大学の産業保健師

大学の産業保健師は、学校保健師とは異なります。
通常、学校保健師は、学校にいる生徒の健康管理、支援を行いますが、この大学の産業保健師とは、産業保健活動とも異なり、学校保健活動とも異なるもので、大学で働く産業保健師は、いわば大学保健活動を仕事とする存在であると考えていいと思います。

 

要するに大学にいる保健師は、産業保健師とは若干異なる存在で、生徒の健康診断、管理、支援だけでなく、教職員も対象として健診やメンタルケア等の対応を行う存在で、大学は、小、中学校とは異なり教員の海外出張等の機会も多いので、そうした海外渡航前の健康診断、渡航先の健康に関するアドバイスというような役割も必要なため、大学には産業保健師と言う存在が必要になってくるということなのです。

 

更にこの大学の産業保健師の役割とは、教育機関内と言う事で、学校保健活動も必要な際もあり、産業保健活動の必要な場合もあるので、そこで働く保健師とは、この学校、産業療法の役割を担う事となりますので、学校保健活動とも違い、産業保健活動とも違う、大学保健活動と言えるわけです。

 

ただし、大学の産業保健師といえども、各大学の構成メンバーや連携体制により、そこで担う役目は異なりますので、大学の産業保健師への道を検討している場合は、その辺を良く理解、認識し産業保健師を目指す場合は、企業だけでなく大学等も選択肢として検討されてみてはいかがでしょうか。

 

産業保健師の働き方には、各大学により内容は異なります。
大学には、保健活動を統合する保健管理センターと言うものが存在し、そのセンターでは常に保健師をはじめとする医師や看護師が配置されています。勿論、キャンパスそれぞれにも分室が設けられ、その分室には、非常勤の保健師をはじめ看護師が配置されており、それぞれのスタッフが協力し、保健業務を担う形となっています。

 

ただ、保健業務を担う施設の名称は各大学により異なり、尚且つ構成されるメンバーも違いますし、先に紹介するように連携体制も異なるので、大学の産業保健師大学での保健師を目指す場合は、やはり産業保健師としての常勤スタッフとして雇用されなくてはいけません。

 

このように、産業保健師の活躍の場というのは、企業、事業所で働き、従業員の健康管理をするだけに限らず、大学の学生、教職員の健康管理、支援を行い、大学保健活動を行う産業保健師の仕事もありますので、産業保健師を目指す方は、企業に限らず選択肢を色々と広げることができます。

保健師求人サイト人気ランキング